2017.09.04

意外と知らない焼肉のこと・ロース編


今日はこの辺の話をします。

 

 

 

 

京都は京阪三条・バス河原町三条駅から徒歩3分。

『肉屋の台所 京都木屋町ミート』です!

 

前回の更新に続き、今回も「意外と知らない焼肉のこと」と題し、

焼肉の中でも人気部位、“ロース”についてお話してまいりたいと思います。

めくるめくお肉の世界へ参りましょう。

 

 

 

 

・ロースってどのお肉?


 

赤身のおいしいお肉、それがロースです。

ざっくり言うと、牛を横から見た上半分の前のほう。

 

平均700Kgほどもある体重を支える足、それを支える肩や背中。

筋肉をよく使うので、ほどよく引き締まった赤身になっているんですよ。

 

その中でもロースは特に柔らかい部分としても有名!

 

それだけの体重を支えながらも柔らかいなんて、

牛はみんな肩こり知らずなんでしょうか…。

年中右肩ばかり凝る私にとっては、羨ましい限りです。

 

 

 

 

・「ロース」の語源


 

ロース。

カタカナで表記されているため、外国語のように感じませんか?

私もそうだったんですが、調べてみたところ「ロースト(焼き用の)肉」から

きたという説が有力なようです。

ロースト → ロース(トゥ) → ロース、という変化を遂げていた、ということですね。

まさかの和製英語…。

 

ちなみに、

牛の前足の肩に近い部分を「肩ロース」、

背中の真ん中の辺り(あばらに接するところ)を「リブロース」と呼びます。

 

肩ロースは肉の味が濃く、いかにも「牛肉食べてます!」感を味わえる部位。

当店でも人気のメニューのひとつです◎

 

対してリブロースは赤身ながら脂も程よく載っており、旨み豊かな部位。

黒毛和牛では、美しいサシが入ることも特徴となっていますよ!

 

 

 

 

・終わりに


 

今回は「お肉のこと」第2弾、「ロース」についてお送りしました。

今後もお肉のことについて不定期で更新していきますので、

焼肉豆知識として気軽に読んでいただけたら幸いです。

 

さて、当店では現在9月いっぱいの特別企画として、

普段はお出ししていない「肉パフェ盛り」をご提供できるキャンペーンを実施中です!

 

厳選黒毛和牛をふんだんに盛り付けたこちらの「肉パフェ」。

ロースもたっぷり入ってます!!!

見た目もさることながら、その味にはあなたも思わず舌鼓を打つこと間違いなしですよ~!

 

サプライズや女子会にもぴったりのこちらの「肉パフェ」。

是非この機会に、お楽しみください!

食べ放題コースご注文のお客様に限ります。

 

 

 

あなたの「おいしかったよ」のお言葉をいただけるよう、

『京都木屋町ミート』スタッフ一同、心を込めておもてなし致します。

 

それではまた、次回更新でお会いしましょう。

 

 

 

【肉屋の台所 京都木屋町ミート】

京阪 三条駅・バス 河原町三条駅 各徒歩3分

住所 〒604-0961 京都府京都市中京区木屋町三条下ル一筋目東南角 黄桜木屋町ビル3F

TEL  050-3542-6701

戻る