肉は国を越える? ~世界の焼肉比べてみました~


 

 

 

黒毛和牛食べ放題の「木屋町ミート」

 

当店は、歴史的文化財が点在している

京都 木屋町・河原町エリアに居を構えています。

 

かの有名な「本能寺」や、落語発祥の寺と言われる「誓願寺」。

そして何より目の前を流れる「鴨川」の穏やかな流れ。

国内だけでなく、海外からも観光に訪れる方が多い地域です。

当店にも、アジア系外国人のお客様を筆頭に、

米国の方やヨーロッパの方など、様々なお国のお客様が足を運んでくださいます。

 

多くの外国人の方を目にしていてふと気になったのが、

「世界の焼肉って、どんなものだろう」ということ。

 

『肉を焼く』。

そのシンプルな調理法の中にも、

きっとその国独自のものがあるはずです。

 

そこで今回は、「世界の焼肉比べてみました」と題し、

いくつかの国の「焼肉」の形をご紹介してまいります!

 

 

 

 

・“焼肉”と言えばここ「韓国」

 

焼肉の本場、韓国。

日本の現在の「焼肉」の形は、韓国のスタイルを元に作られたようです。

(※諸説あり。)

 

日本と韓国の焼肉で違うところと言えば、

「タレをつけるタイミング」が挙げられます。

 

日本では主に肉を焼いてからタレにつけていただきますが、

韓国ではあらかじめ肉をタレにつけておいてから焼くというもの。

日本のものより、香ばしさが引き立つようになっています。

 

韓国ではその他にも、「部位毎に違う店で提供」していたり、

「牛肉よりも豚肉が人気」だったりと、日本の焼肉とは違う点がちらほら。

ご旅行の際には、お好きな部位の店をはしごされてみたりすると良いかもしれません。

 

 

 

 

・食肉消費量No.1「アルゼンチン」

 

国別の「食肉消費量」を比べてみたところ、

一番の消費量を誇るのは南米アルゼンチン。

https://goo.gl/5gFss1

↑の表によりますと、年間で一人当たりおよそ60kgもの食肉を消費しているのだそうです!

 

60kgというと、16歳男子の平均体重と同じ…。

高校入って一年経って、そろそろ後輩も入ってくるころです。

部活でも少しずつ実力が付いてきて、恋とかしちゃってるかもしれません。

まさに青春の1ページの真っ只中です。

 

…少し話が飛びましたが、

そんなアルゼンチンの肉料理として有名なのが「アサード」、牛の丸焼きです。

焚き火で魚を焼くような形で、牛肉を円形に並べてじっくりと焼いていくこちら。

広い意味では、これも「焼肉」と言えるのではないかでしょうか。

 

同じ南米のブラジルにも、「シュラスコ」という

ビュッフェスタイルの炭火焼肉に近いものがあることを見ても、

南米の人たちの肉好きは、生粋のものであると言えますね。

 

ちなみに、アサードもシュラスコも、味付けは基本的に岩塩のみなのだとか。

シンプルに肉の味を感じられるのが、何よりのおいしさの秘訣なのかもしれませんね。

 

 

 

 

・日本よ、これが“肉”だ「アメリカ」

 

「人種のサラダボウル」と言われるほど、多種多様な人種が行きかう国、アメリカ。

多くの食文化に触れる機会も多く、食への探究心は絶えることがありません。

 

そんなアメリカの肉へのこだわりはすさまじく、

各州に“BBQ協会”なるものが存在していたり、

じっくり少しずつ焼いていく「テキサスBBQ」に代表される

地域ごとの調理法があったりと、一筋縄ではいかない奥深さが感じられます。

 

食材は大きな赤身肉であることが多く、

豪快にBBQソースを塗りたくってかぶりつくものから、

シンプルに塩のみで食べたりと、いろいろな楽しみ方をされているようです。

 

ベーコン味の歯磨き粉が発売されたりしていたりもするほど、お肉大好きな国。

そんなユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカの「焼肉」の形のひとつでした。

 

 

 

 

・最後に

 

ここまで「世界の焼肉比べてみました」と題し、

世界の焼肉の形をご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

「食は人を作るもの」。

各国の独自文化は、食べ物から生まれてきたと言っても過言ではないでしょう。

 

「クールジャパン」なんて言葉も生まれるほど、

いま世界中から注目を浴びる日本の文化。

異文化交流の第一歩に、「食」という入り口から入ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

当店では現在、

8月31日までの期間限定「39キャンペーン」と題し、

通常\5,480の黒毛和牛焼肉食べ放題コースを\3,939でご提供しております!

 

「黒毛和牛3点盛り」含む全100品、

アルコール飲み放題つきの夢の二時間半。

この機会に是非、味わってみてくださいね。

 

さらにこのHPからご予約いただきましたお客様には

日替わりデザートのサービスもございますよ◎

 

観光で訪れる方も、地元の方も。

皆様に「おいしかったよ」のお声をいただけるよう、

「木屋町ミート」スタッフ一同、心を込めておもてなし致します。

 

それではまた、次回更新でお会いしましょう。

 

 

 

【肉屋の台所 京都木屋町ミート】

京阪 三条駅・バス 河原町三条駅より各徒歩3分。

住所 〒604-0961 京都府京都市中京区木屋町三条下ル一筋目東南角 黄桜木屋町ビル3F

TEL  050-3542-6701

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です